初めての飛行機【旅行攻略】

f:id:maturikun:20170410140753j:plain

 

Welcome!

今日はこの記事にお越し頂きありがとうございます。

初めての旅行で、自分たちだけで飛行機に乗る時のポイントを紹介します。

 

 

初めてで飛行機に乗るのが怖い

 初めてで飛行機に乗るのが怖いと感じる人もいると思います。でも、安心してください。飛行機は世界で1番安全な乗り物です。

 

keikototravel.hatenablog.com

 

予約の前に 

 初めての飛行機なら、格安航空ではなく、『ANA』や『JAL』を選択するのがオススメです。安く済ませたい気持ちはわかりますが、サポート体制が全く違います。ANAJALならわからないことがあっても親切、丁寧にサポートしてくれます。また、初めてなら旅行会社を通して航空券を予約することがオススメです。

 

空港に行く前に確認すること

 ただ単に空港といっても空港はかなり広いです。特に都市部の空港は搭乗口も何個もあって迷う可能性があります。事前にチケットを確認して、搭乗口の場所を空港ホームページで確認してください。また、駐車場や空港の場所も確認しておくと当日慌てなくて済みます。

 

確認事項

  • 空港の場所を確認
  • 最寄りの駐車場の確認
  • 搭乗口の確認
  • 持ち込み荷物、預け荷物の確認 

 特に注意が必要なのは、荷物についてです。飛行機はセキリュティの関係上、持込むことができない荷物があります。当日慌てることがないように事前に利用する航空会社のホームページで持込めない荷物を確認しましょう。

 

www.ana.co.jp

 

空港には出発の1時間前には到着

 空港は広く入り口から搭乗口まで結構遠い場合もあります。また、荷物などの搭乗手続きが必要ですので、余裕を持って空港に到着しましょう。手続きが間に合わなくて乗れなかったという話も聞いたことがあります。また、お盆休みや年末年始などの混雑期には時間がかかる場合があるので、注意しましょう。

 

搭乗手続きを行う

 搭乗手続きは出発ロビーにある各航空会社のカウンター、または自動チェックイン機で行います。不安な場合はカウンターでのチェックインがオススメです。

www.ana.co.jp

 

 機内に持ち込まない荷物を預ける

 機内に持ち込むことができないサイズの荷物などは、手荷物カウンターで預けます。混雑することがあるので、早めに済ます方が良いです。

 

 

保安検査場を通過する

 預け荷物の手続きが完了したら、保安検査場に向かいます。出発の15分前には必ず保安検査場を通過しましょう。初めての方でもなんとなく想像できると思う『金属探知機』がある場所です。この場所を通過すると搭乗の準備が完了となります。大体は前の人と見ながらでなんとかなります。

 

保安検査場の注意事項

  • パソコン、スマホ等をカバンから出し専用のカゴに入れる。
  • 液体物をカバンから出す(中身を確認される)
  • ベルトなどの金属類をカゴに入れる(金属探知機に引っかかります)
  • ハサミ、工具、スプレー缶などは持ち込むことができません。

手荷物[国内線]|ご旅行の準備[国内線]|ANA

 

自分が乗る飛行機の搭乗口に向かう

 チケットに記載されている搭乗口に向かいます。稀に搭乗口が変更になる場合があります。案内アナウンスや案内掲示板を確認しましょう。搭乗口は大きく掲示されているので、初めてでも掲示物を見ながら進むと迷うことはないと思います。羽田空港は搭乗口の数も多く結構遠いので、時間に余裕を持って行動しましょう。

 

 

時間に余裕を持って楽しい飛行機での時間を過ごしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後もよろしくお願いします★